ログハウスを建てよう! | まめ知識 | 専門用語 | 建て方講座
ナチュラルハウス |  丸太と素材 | 加工、構造 | 建具
丸太と素材
丸太の種類
オールドグロースとセカンドグロース
ピーリング
シーダーシェイク


丸太の種類
 ログハウスの材料は基本的にどのような木材でも良いのだが工性や流通性そして価格の理由からに手に入りやすい針葉樹が使用される。その中でもどの材が良いのか考えると、それは用途や好みで変わるものであるが、どの材種であれ年輪の詰まった品質の良い材料がよりベストであると考えられる。
  強度 腐れ 防虫性 流通性 価格
ダグラスファー 全種の中では一番強い 普通 普通 普通 普通
レッドシーダー 梁などにはむいていない 最高 優秀 適度 少高
イエローシーダー 粘りがあり強い

優秀

最高 状況値
スプロ-ス 軽い割には強い 悪い 悪い 優秀 安い
パイン そこそこ 普通 普通 優秀 安い

ダグラスファー[Douglas Fir]


マツ科ガサワラ属
BC州の太平洋岸と内陸部湿潤地帯に産するオールドグロスのダグラスファーは大径で緻密な年輪幅をもつ強度・剛性・耐久性に優れた製材樹種です。
材色は黄白色から赤褐色の明るい色調を呈し、乾燥性能も良好で、乾燥材は変形や目ぼれ・干割れなどの品質欠点の発生を防止します。また、寸法安定性・加工性能・釘着性能・接着性能といった木材加工用材として必須の特性を備えています。

ウェスタンレッドシダー[Western Red Cedar]


ヒノキ科ネズコ属
BC州沿岸地域と一部の内陸地域の天然材から産するウェスタンレッドシダーは針葉樹林の中で最小の収縮率と比重を示すものの一つです。軽量で低比重でありながら卓越した耐久性寸法安定性・加工性能を備え、樹脂滲出が無く、塗装製に優れ、暖かみのある材色ゆえに内装仕上げ用とからアウトドアの用途まで幅広い分野に使用されています。

[参考]BCウッド
このページの上に戻る

オールドグロースとセカンドグロース
つまりは年輪の違い・・・

カナダでの植林、いわゆる管理伐採の歴史はそんなに長くない。今でも原生林が残っているが、これは地球の財産として管理すべきものである。
オールドグロースとは年輪のつまり具合が1ミリ以下の良質材であり、セカンドグロースとは主に植林から得る二世代目の材料を指し、環境が良い為か、育ちが早く目があまり詰まっていない材料である。
  同じセカンドグロースの中でも直系30センチので、年輪が35年ぐらいのものから80年ぐらいまでの幅がある。環境のことを考慮するとセカンドグロースを使用してログハウスを建てることが一番良いのだが、あまりにも若い丸太であると乾燥による割れや動きが激しい為、ダイゼンでは標準を60年以上と定めている。現在ではサードグロースが徐々に流通し始めている。
このページの上に戻る

皮むき(ピーリング)
皮むきは基本中の基本・・・

ログハウスの良さは第一に材料の善し悪しが影響します。腕の良いビルダーは、如何に上手に丸太を使用するかで決まるのです。
 その丸太の全ての木肌を眺めるのがピーラー(皮むきする人)です。ダイゼンではピーラーが丸太の情報を入手します。丸太の個性的な個所や傷の部分をビルダーに伝える工夫をしています。

ナイフ剥きと水剥き

皮むきにはドローナイフを使って剥く方法と水圧を使って剥く水剥きがある。ナイフで剥く場合は手で一筋一筋剥く。電動カンナでは天然素材の良さを十分に引き出すことが難しい。一方、水剥きは傷のある材料が使えないという難しさがある。ナイフ剥きでは滑らかな表面が確保できる。
このページの上に戻る

シーダーシェイク
シーダーシェイクはレッドシーダーのシェイクということ。レッドシーダーは木の種類であり、シェイクは木片を意味する。
木の素材を屋根材に使用したものである。
他にはイエローシーダーなどが使われ、基本的に耐水性があり腐れに強くなければいかない。
寿命は良材を使い、正しい施工をすれば50年という実績があるが、日本の風土ではそこまでの寿命は期待できない。しかしながら強い日差しで銀化する屋根の経年変化は、皆のイメージするところではないだろうか。
このページの上に戻る

<<ログハウスを建てよう!に戻る
 
Copyright(C) DAIZEN LOG-TECH LTD 1995-2003 All rights reserved.